自己表現の(練習の)すすめ



今回は、

自己表現(の練習)のすすめ

という事を
お伝えしていきたいと思います。

今の学校では、
自己表現というよりは

『みんな一緒みんな同じ』
という事が
望まれてる事の方が多いと感じます。

ですが、自己表現能力って、
どんな勉強よりも必要な気がするんです。
(´・ω・`)うんうん。

何故かというと、
私は自己表現が
上手くできなかったから、

自分の人生を生きてる感じが
しなかったんですね。

親の人生を生きてるような感じでした。
;つД`)

そう思うと、
自己表現をするという事は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自分の人生を生きること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なんだなって思うんです。

自分が表現したことが
みんなに受け入れてもらえるかは
わからないけれど、

人がどういったとしても
『自分はこう思う。』
それでいいんだと思うんです。

自分の人生だから。

・評価されないんじゃないか。

・誰にも聴いてもらえないんじゃないか。

・共感してもらえないんじゃないか

などの怖さもあるけれど、

「自分はこう思う」ということを
表現し続けていれば、

きっと同じような気持ちの人に
出逢えるんだと思います。

逆にいうと、
自己表現しなかったら、

自分の発信を好きだと
言ってくれる人に
出逢えないですよね。

だから、自分の世界を
表現し続けることって
大事だなって思います。

そして、
自己表現が上手くなることで
安心感も増えていくとも
感じています。

生きている上で
人と人とのコミユニケーションって
とても大事ですよね。

コミュニケーションを
キャッチボールに例えると、

まっすぐに投げてあげることで
誰でも素直に受け取れると思うんです。

まっすぐに、
素直に自分の気持ちを表現する。

嬉しい。
悲しかった。
辛い。
幸せ!!
傷ついた。
こうしてくれると
うれしい!!

などなど、

素直に表現することで
相手が技術がなくても
受け取れるようになるんだと感じます。

そのためにはやはり、
やりながら学び続けることだな
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
って思います。

最初はもちろん
うまくいかない時だってあります。

人を傷つけるつもりなんてないのに、
人を傷つけてしまったり。

逆に傷ついたり。

だけど、
自己表現がうまくなるためには
必要な痛みだったりします。

そこから学び、
やり続けることで
自分のことを上手に
伝えられるようになります。

赤ちゃんの歩く練習と同じです。

誰にも評価されなくても、
転んで痛い目に合っても、
それでもやり続ける。
挑戦し続ける。

そういう過程が
必ず必要になるんです。

自己表現が上手くできるようになると
きっともっと生きてる事が、
ますます楽しくなるんだと思います。

そうして自己表現で
生きる喜びを感じるお手伝いを
私はしていきたい。

まずは自分から\(^o^)/
私は私をまっすぐに
表現していきます!!

一緒に、
自分の人生を楽しみましょう~~

音声版です♪(約7分30秒)

自己表現の(練習の)すすめ|なんな|note
🌳100日音声コミットの33日目です。自己表現が上手になると、安心する、楽しくなる、喜びが湧いてくる。大人になってからだって遅くない❗️一緒に上手になっていきましょー。誰にも評価されなくても、うまくいかなくて挫けそうでも私は自己表現の練習を続けます。きっと、生きてることがますます楽しくなると思うから❗️

無料プレゼント!足踏みしてるあなたへ『自信と実績を育てる基本の教科書』プレゼント中

【自分に自信がなくて足踏みしていた主婦がどんどん変化し、4ヶ月半で約70万円を売り上げた】
自信と実績を育てる基本のマインド&ノウハウを無料でプレゼントしています♪

✅レポートの祭典である第1回Lifusion e-Book大賞で優秀賞を獲得した作品です。
✅方法を変えるだけで、あなたへの周りの視線が変わる?!今すぐできる発信方法とは?
✅実績は誰でも簡単に作れる?!作った実績を更に大きくしていく方法とは?!
✅今の自分に自信が持てるようになる究極のマインドとは?!

→はじめての実績をダウンロード

メールアドレスを入力すれば受け取れます♪

ここまで読んで頂きありがとうございました(っ´ω`c)

 

コラム
なんなをフォローする
自分らしく堂々と! 我慢せずに自由に生きる!

コメント