テンションやモチベーションは曲者

音声でも聴けます♪
(8:06)
https://note.com/nanna77/n/n1be8c8976216





感情は大切だけれど、

時に感情は、
テンションに変化します。



そのテンションの
上がり下がりのことを、


「やる気」や
「モチベーション」
と呼んだりしていますね。



これが、曲者なんです。( ̄ー ̄)




やる気やモチベーションが
上がってる時は


右肩上がりです!



ところが、
やる気やモチベーションが下がると


なんだかやる気でない・・・

めんどくさい・・・・

しんどい・・・・


と極端に振り回されて
しまうんです。



上がったら↑
下がる↓


これが原理原則なのかも
しれません。



だからね、
わたしの場合は、


ずっとテンションを
上げることを意識していたんです。



わたしできる!
わたしできる!


って感じで(笑)




で、テンションが下がるのが
怖いから、


無意識に
何かしらでテンションを
上げようとしていました。


やる気!大事!
猪突猛進!!


って感じでした。





ですが、
ビジネスは長距離走です。


いつだって動じず、
安定した走りをした方が
疲れず、継続しやすいんです。




テンションを下げることに
慣れてなかったわたしですが、


そんなわたしでも
徐々に、

安定した気持ちを
持てるようになってきました。



どうしたのか?
というと、


淡々と活動する心の筋肉を
鍛えたんです。



『淡々と筋』です。



淡々と筋を鍛えるには
どうしたらいいのか?



まずは、
『淡々と』と
意識するだけでも
感情が落ち着くのを感じると思います。




そして、
淡々とを意識することに
慣れてきたら、

淡々と
感情抜きで活動できる
環境を整えましょう。



それは、
やることを書き出すことです。



わたしは明日の予定は
前日に付箋で書き出しています。



そうすることで
朝目覚めたら、


何も考えずに
淡々と作業をすることができます。


ただ、
淡々とやるんです。



(でもその活動の中身には
熱を込めてますよ〜〜。)




終わったものには
線を引っ張ったり、
チェックを入れたり。



1つ1つの作業を
終了するのが
楽しくて


淡々と活動をこなせます。



やることを
ただの文字にして、

感情抜きで
淡々とこなしていくんです。



それでも感情がブワッと
溢れそうな時は、

『淡々と』と
心の中で呟いたり、



付箋の中で
1番手っ取り早く
できそうなことをやってみます。


1つ手をつけられれば
活動の歯車が動き出します。



そうしてわたしは
日々淡々と、

やる気やモチベーションに
左右されることなく
積み上げできています。



テンションやモチベーションに
頼ってるかもしれないな〜

それでいて実は
そんな自分に疲れている。


そんなあなたに
おすすめです♪



自然と感情を溜め込まない
爆発しない


動じない人になっていきます♪




ということで今回は、

<テンションやモチベーションは曲者>

ということで
お伝えさせて頂きました〜!



PS.

難しい!という方には、

『鼻うがい』をおすすめします♪

それだけで、
動じないマインドを
身に付けられますよ♪


なんで?


やってみると
体感します♪(`・∀・´)

(ここで説明できないだけ笑
また改めてお伝えできたらと
思います。)

無料プレゼント!足踏みしてるあなたへ『自信と実績を育てる基本の教科書』プレゼント中

【自分に自信がなくて足踏みしていた主婦がどんどん変化し、4ヶ月半で約70万円を売り上げた】
自信と実績を育てる基本のマインド&ノウハウを無料でプレゼントしています♪

✅レポートの祭典である第1回Lifusion e-Book大賞で優秀賞を獲得した作品です。
✅方法を変えるだけで、あなたへの周りの視線が変わる?!今すぐできる発信方法とは?
✅実績は誰でも簡単に作れる?!作った実績を更に大きくしていく方法とは?!
✅今の自分に自信が持てるようになる究極のマインドとは?!

→はじめての実績をダウンロード

メールアドレスを入力すれば受け取れます♪

ここまで読んで頂きありがとうございました(っ´ω`c)

 

コラム
なんなをフォローする
自分らしく堂々と! 我慢せずに自由に生きる!

コメント